虫の知らせ

#039 / 常呂神社 神社龍神の水

常呂神社 神社龍神の水

住所
北見市 常呂町字常呂63番地
緯度、経度
44.121039, 144.080499
※あくまで目安であり正確な情報ではない場合がありますのでご注意ください
由来

イワケシ山の伝説

その昔、北見アイヌはこのイワケシ山を霊山とみなして、女人の登山を許さず、第二砦を築いて山の神を祭りました。現在の常呂神社の境内の高台には第一砦を築いて水の神を祭り、ともに斜里アイヌの北進に備えたのでした。戦いの兆候がある時はかならず常呂川の水が盛り上がって、白蛇がイワケシ山へ攻め上がり、イワケシ霊山がたちまち雷雨を呼び、ものすごい暴風雨となったといわれています。

第二砦が斜里アイヌのために包囲された時、斜里アイヌのなかにメノコがいたならば、たちまち山の神の怒りに触れ、全山火の海と化し、敵味方ともに一人残らず焼き殺されてしまった。第二砦の将士無念やる方なく血は全山の土に浸みわたって赤土と化し、骨身は赤石と化し遠く斜里海上へ怨霊を発したといいます。このためにイワケシ山は赤土・赤石になったと伝えられているのです。[「常呂村史」より]




白蛇伝説

その昔、第一砦の城内にはカツラの大古木があって、その根本にはつねに白蛇が生息しており、第一砦の将士はこれを「龍神」と称して祭り、戦場に臨むときはかならず礼拝したといいます。

ある日、雷雨が激しいうちにその大木が倒れてしまいましたが、村の長はそれを凶事の前兆であると嘆きかなしんでいましたが、それからまもなくして第二砦が陥落してしまい、ついに戦いに敗れ、斜里アイヌに城をあけ渡す運命が到来してしまいました。白蛇は今なおその場所を去っていないとして、その跡に古木の化石を安置して、それをもって「龍神」を祭っているのです。常呂神社境内のいくら汲んでも尽きることがない泉源はすなわちこれであるということです。[「常呂村史」より]

常呂町郷土研究同好会 編「常呂町郷土史話」1990 北海道出版企画センター pp. 12, 13
参考資料・情報など
「常呂町郷土史話」
常呂町郷土研究同好会 編「常呂町郷土史話」1990 北海道出版企画センター
現地確認状況
未確認
その他
-----
更新履歴
2019/04/07 記載
GoogleMapで場所を表示