#219 / 汐首岬 観音堂の龍神像

汐首岬 観音堂の龍神像

住所
函館市瀬田来町 恵山 国道
緯度、経度
41.710309, 140.968635(汐首岬)
41.717384, 140.951745(汐首地蔵堂)GoogleMap
※あくまで目安であり正確な情報ではない場合がありますのでご注意ください
由来

明治二十一年頃、下北から来たという「大間の坊さん」と呼ばれた修行僧が持って来た竜神像を、観音堂に祀り、これを祀ってから鰮の大漁が続いたので、竜神堂とも呼ばれるようになり、円空観音と知らない村人たちは、後から祀られた竜神像を本尊と考えるようになった。観音様にとっては、新入者の竜神さんに「ヒサシを貸してオモヤを乗っ取られた」形になり、住居の名までも竜神堂と呼ばれ、憤慨(ふんがい)していたものと思う。観音堂の観音様が地蔵堂に間借りしたため、現在は地蔵堂と呼ばれている。地蔵堂には、観音、地蔵、竜神が同居して、何れが本尊かアイマイな状態で祀られているのである。

 昭和三十六年七月、信仰者たちが、焼けこげている円空観音を修理することになり、函館市の仏壇屋に依頼して修理した。円空仏と知らない仏壇屋は、顔や頭に手を加え、全身にうるしを塗り、その上に金泥を塗り、円空仏の特徴を失わせてしまった。誠に残念なことである。背面に円空銘などもあったのではないかと推定される。円空仏の修理費として七千円支払った。同時に竜神像も修理させ、この修理費として六千円支払った。

戸井町史編纂委員会/編「戸井町史」1993/3 戸井町(亀田郡) 戸井町役場
参考資料・情報など
戸井町史
戸井町史編纂委員会/編「戸井町史」1993/3 戸井町(亀田郡) 戸井町役場デジタルアーカイブ
北海道縁起物語
小林成光「北海道縁起物語」1992/5/1 有限会社 小林興業社
現地確認状況
未確認
その他
-----
更新履歴
2019/08/30 記載