虫の知らせ

#081 / 乙部町 竹森龍神神社

竹森山中腹にある池と龍神様の神社

住所
乙部町
緯度、経度
41.978946, 140.225585(ストリートビューで登山道確認可能)
※あくまで目安であり正確な情報ではない場合がありますのでご注意ください
由来

六十九話 竹森神社


九郎岳の麓に一つの小高い山がある。姫川の本流と支流にまたがるこの山は竹森といい、山頂に堂宇がある。いつの時代か創立年代はわからないが、「竹森山の頂上に山神社が建った。開祖泊弥兵衛」とだけわかる。竹森山は、海上よりはっきり認めることが出来るので、出漁者たちはこの山を羅針盤として出船、入船、操業など海の安全を守る大事な山であり、漁師たちも信仰をしている。

「ある時、乙部で生まれた一漁師が北の海で一代を築こうと発奮してオホーツクの沿岸に家族ともども住居をかまえた。

漁師は来る日も来る日も沖に出て、大漁しては港に帰る毎日が何十年も続いた。息子も孫も成長し、いくばくかの財をも成し、若かったこの漁師もいつの間にか老いた。何の不安もなく過ごした数十年――。

その後、老漁師は大そう思い病気にかかってしまった。医者にかかってもなおらない。身の上をみてもらっても病名もわからず、日増しに病気が重くなっていった。その時、老漁師は夢うつつ枕もとに銀色した一羽の雀が飛んできて一生懸命話しかけているのです。

『竹森神社からの使いの雀です。あなたは筋金入りのいい漁師だ。この竹森神社に願いをかけると、あなたの病気はなおります。』

と告げたとたん消えてしまった。漁師は銀の雀の告げた通り、乙部の竹森神社に来て供え物をあげ参拝して帰郷した。日増しに回復に向かい元気を取り戻した。ふるさとの山や川、海は本当に有り難いものだ、としみじみ思った」

竹森神社境内前に小さな池があるが、一年中水が枯れることのないのは不思議なことである。毎年六月には旭岱部落の有志によってお祭りがひらかれる。

また、この竹森は対象十三年五月三十日付けで林野庁が「航行目標保安林」として指定している。この航行目標保安林は北海道では一ヶ所しかなく大変と珍しい存在であり、自然環境に恵まれたこの山を、町のシンボルとして保存したいものです。

葉梨孝幸「おとべ百話 民話・伝説・史話」1999 乙部町史研究室
参考資料・情報など
おとべ百話 民話・伝説・史話
葉梨孝幸「おとべ百話 民話・伝説・史話」1999 乙部町史研究室
現地確認状況
確認済み
その他
2017/5/13訪問。事前に登山口を確認していたお陰でスムーズに登山口まで辿りつく。(41.976453, 140.221763)。 案内は多くはないので地元の人以外が訪問する際は十分道順について確認しておく必要があります。
健康保安林として整備されている綺麗な散策路を急ぎ足で登る。トレイルランの雰囲気で時に小走りで山路を進むとあっけなく社に到着した。10分程度か。 道が整備されているので、最初の案内板で方向さえ間違わなければ迷う心配はほとんどない。 鬱蒼とした森の中に、比較的新しい建物としてそれはある。湧水の上にかかる橋を渡る。海からの目印として大事にされている山にある社は、ひっそりと森の中で大切にされながら息づいていると感じられた。 機会があれば海の上からこの山を眺めてみたい。
更新履歴
2016/10/01 記載
2016/11/13 更新
2017/05/17 その他を記載
GoogleMapで場所を表示