虫の知らせ

#061 / 赤沼の赤沼大明神

赤沼にすむ龍神の信仰

住所
函館市亀田中野町438 [渡島東部管理区120林班] 函館市亀田大森町1-1 [渡島東部管理区119林班]
緯度、経度
41.886740, 140.789157
※あくまで目安であり正確な情報ではない場合がありますのでご注意ください
由来

函館郊外の赤川の奥にある赤沼は、赤沼大明神として独自の信仰を集め、これは赤土による赤沼の赤色信仰と思われるが、ここにも竜神がいると信じられている。そして地方での竜神信仰はたいてい蛇である。(赤沼には何病にでもきくといわれ、眼病のものは沼水で眼を洗うと治るとされ、また諸種の願望も水上におさんご<米とお金を白紙に包んだもの>を投げ、それがすぐ沈むと願成就とされ、浮いて沈まないときは神の拒否と信じられてる。また雨乞いに来る人も多い)

須藤隆仙「北海道の伝記」1971 山音文学会
由来2

龍神様

関西方面から来た尼さんが、「函館の北にある赤沼に行ってお祈りしなさい」という夢を見、 赤沼まではるばるやってきた。すると、沼から龍神様が現れたので、付近の村人と祠を作った。 それ以来豊作が続いたという。

この祠で一晩を明かすと、龍の化身の女性が現れるという。

悲恋の涙

三百年ほど前、行き倒れになった母子が、赤川の大地主の由右衛門に助けられた。 やがて娘は18になり、地主の息子弥七と恋仲になる。しかし弥七には親の定めた許嫁がおり、娘は弥七との恋をあきらめなければならず、山に入り、何日も何日も泣いた。 その涙は沼をつくるほどになり、娘はその沼に身を投じたという。以来、この沼は涸れることはなくなった。

雨乞い

田植えの水不足の際、雨乞いをすると必ず雨が降るという。

オサンゴ

この沼にオサンゴ(米とお金を白紙に包んだもの)を投げ入れて沈むと願いが叶うという。

また、眼病の者は沼の水で洗うとたちまち治る。

大蛇

明治34年、石川町の豆腐屋のおかみが、真夜中にふと目を覚ますと枕元に異形のものがいた。

びっくりして飛び起きると、その異形のものがいうには、「私は赤川の山奥にある赤沼の主で、古い大蛇である。 雨を祈りの神として人々が敬ってくれている。数千年ここに住んでいるが、今は孫、ひ孫、玄孫と一族が増えてしまい、この池が狭くて住み辛い。 そこで、ここの家の庭に池を作って社を建ててほしい。もし建ててくれたら一族の繁栄を約束したい。」

はっと気づくともう異形は消えていて、夢だったような気もする。

そのままにしているうちに、夜な夜な赤沼から流れている川の流れ尻に、狐火のようなものが現れるようになったので、大蛇の言うとおりに庭に池を作り祠も建てたという。

遊ぶべ!道南探検隊 >赤沼:函館市
由来3
北海道庁編「北海道の口碑伝説」1940 日本教育出版社
由来4

赤沼の竜神さま

むかしむかし、一人の若い尼さんが、ふらふらになりながら、この赤川村をたずねてきたんだと。そして、

「このあたりに、赤い水の色をした沼がないでしょうか?」

と言うんだと。

聞かれたおかみさんはびっくりしてしまってのう、

「あんれまあ、そんなら、赤沼のことだべさ。この後ろの山さ登っていけば、その赤い水の沼があるけんどさ……。いったいおまえさんはどこから来なさったのかね?どうしてまた、あったら山おくの赤沼ばなんて知ってなさるのかねえ。」

と聞いたと。すると尼さんはとたんに、

「あーあ、ありがたやありがたや、赤沼はやっぱりここでしたか。」

と言って、そこへぺたりとすわってしまったと。

おかみさんはびっくりして、尼さんを自分の家さ連れていって休ましてやったんだと。

この尼さんは上方(大阪・京都方面)の人でな、わけがあって信仰の世界に入ったんだと。

そして願かけばして、その満願の日に、

「えぞ地の函館の北の方に、赤沼という沼がある。そこへ行って祈願をこめよ。」って、夢のおつげがあったんだと。

それを聞いたおかみさんはもうびっくりの三度めでな、

「はいはい、たしかにあの沼は不思議な沼でしてのう、沼の主は、竜だというものもおれば、大蛇だというものもおるんですわ。うちの死んだじっさまが見たのは、竜だということでしたがな。うちのじっさまは若いころから何やら病気もちでしてな、えらく苦しんだ人でしたわ。目をわずらってからは、何やら信仰ばしているようでしたけれども、それが、だんだん見えんようになって、それでの、じつは、あの沼で死のうと思ったんだと。そして、わしにだまって、その沼へ出かけていったら、冷たい風が、ザワーッと吹いてきて、何やらぞうっと寒気がしてきたんだと。そしたらな、ジャワジャワジャワジャワと水の音がして、あの沼の中から、すごいおそろしげな顔ばした竜があらわれたんだと。……しばらくたって、だれか、頭に水ばかけてくれているような気がして、ふと目を開いたんだと。でもな、だれもいなかったと。そして、不思議なことに、この日から、じっさまの目がよく見えるようになり、おかげさまで、死ぬまで元気で働いておりましたがな。じっさまは、赤沼の竜神さまのおかげだ、おかげだ、といって、手を合わせておりましたがな。」

おかみさんの話を聞いた尼さんは、またまた涙を流して喜んだと。

「あーありがたやありがたや。たしかにわたしが夢に見た赤沼にちがいありません。ありがたやありがたや。」

尼さんはおかみさんに礼をいうて、教えられた道を赤沼の方へ登っていったと。

間もなく沼に着いた尼さんはな、その水の色といい、あたりのようすといい、あまりにもおつげどおりなのにびっくりしたと。そして竜神さまにお会いしたいと、沼のはしにすわって、祈願をこめたと。

やがて月も落ちたころにな、シャブシャブシャブシャブと沼の水がゆれだして、さざなみがたってな、それといっしょに、ゴロゴロゴロゴロと、まるで遠くでなるかみなりの音みたいな音が、沼の中から聞こえてきたんだと。して、その音が、だんだんだんだん近くなったと思ったら、沼の水がぱっと二つにわれてな、尼さんの目

の前に、ものすごくおそろしげな顔をした大きな竜が、ぐいーっと、あらわれたんだと。あまりのおそろしさに、尼さんは思わず後ろにひっくり返ったと。尼さんはひっくりながらもいったと。

「あーありがたい。やっぱり竜神さまでございましたか。ありがとうございます。ありがとうございます。でも竜神さま、そのお姿では、あまりにおそろしゅうございます。できますれば、今一度、もうちょっと、おやさしいお姿でお目にかからせていただけませんでしょうか。もう一度、もう一度、お会いしとうございます。お願いいたします。お願いいたします……。」

尼さんはまた一心に祈ったと。

竜神さまは、この尼さんのいっしょうけんめいな心に打たれたのか、今度は、ピシャパシャピシャパシャと、やさしく水を打つ音がして、ふたたび沼の水がわれてな、そこからまあ、こんどは、美しゅうて、こうごうしゅうて、おやさしい姿のお姫さまがあらわれたんだと。

尼さんはどんなにうれしかったことかーー。

それからはな、病気で困った人たちが、この沼をたずねてくるようになったんだがな、不思議なことに、その人たちの投げたオサンゴー、「オサンゴ」ってのはな、白い紙に、米やお金をつつんでひねったものなんだども、このオサンゴを沼に投げ入れるとな、すぐにすうっとしずんで見えなくなるものと、ういたまんま、なかなかしずまんものとあるんでの。そこで、すうっと気持ちよくしずんだもんは、竜神さまが、その願いを聞きとどけてくれた、というてな、みなさんよろこびなさるんだとぉ。

文・坪谷 京子

読みがたり 北海道のむかし話
参考資料・情報など
北海道の伝記
須藤隆仙「北海道の伝記」1971 山音文学会
遊ぶべ!道南探検隊
赤沼:函館市
渡島総合振興局
渡島総合振興局 > 森林室 > 東部森林室 > 見どころコーナー 赤沼
黒ウサギ的こころ
赤沼②
北海道の口碑伝説
北海道庁編「北海道の口碑伝説」1940 日本教育出版社
英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶>北海道市町村別 景勝探訪と学習の息抜>森町・函館市ほか>函館市>赤沼:その1(赤沼までの道が詳細に記載されておりわかりやすいです)
読みがたり 北海道のむかし話
編著者 北海道むかし話研究会 北海道学校図書館協会「読みがたり 北海道のむかし話」2005 発行者 株式会社 日本標準 代表者 山田雅彦
現地確認状況
未確認
その他
-----
更新履歴
2018/09/05 由来4追記
2016/10/01 記載
GoogleMapで場所を表示