虫の知らせ

#059 / 上ノ国町 夷王山の雨乞い

夷王山の崖にある赤土を少しとって壺におさめて山に祈ると、必ず雨が降る

住所
檜山郡上ノ国町字勝山
緯度、経度
41.796067, 140.098229
※あくまで目安であり正確な情報ではない場合がありますのでご注意ください
由来

[雨乞い](及び雨晴れ)

「えみしのさへき」に雨乞いについて次のような話がある。

上ノ国、夷王山(もと医王山)の付近に、赤土の崖の見えるところがある。日照りがつづいて田畑が枯れ、あるいは川水がなくなって山で伐った木を流すことができなくなると、ここの赤土を少しとって壺におさめて山に祈ると、必ず雨が降るのである。また逆に雨が降り過ぎたばあい、別の山の清い土をこの赤土に混ぜ、これに鹿の片角をそえて捧げるのである。この赤土をたいそう神様が惜しむのである。雨乞いの方法も面白いが、その逆の雨を止める方法も面白く、これはちょっと珍しい話だ。

須藤隆仙「北海道の伝記」1971 山音文学会
由来2
北海道庁編「北海道の口碑伝説」1940 日本教育出版社
由来3

雨乞い

日照りのとき降雨を神仏に祈る風は、全国的にある。檜山郡上ノ国町の夷王山の付近に赤土があり、日照りにその土を壺におさめて山に祈ると雨が降るといわれていた。上磯郡知内町の雷公神社に合祀する雨石神社は、鎌倉時代に死んだ大野重一の石塚といわれ、その神体である石を、祈祷してから川に入れると、雨が降るとされていた。後年そこに松を植え現存しているが(樹齢四〇〇年)、その松にも神酒を供えて、いっしょに祈ることになった。亀田郡大野町東開発の稲荷神社に「水虎大神」の碑があり、雨乞いのために建てたものという。水虎とは河童のこと。

南北海道史研究会編「函館・道南大辞典」1985 株式会社国書刊行会
参考資料・情報など
北海道の伝記
須藤隆仙「北海道の伝記」1971 山音文学会
北海道の口碑伝説
北海道庁編「北海道の口碑伝説」1940 日本教育出版社
函館・道南大辞典
南北海道史研究会編「函館・道南大辞典」1985 株式会社国書刊行会
現地確認状況
未確認
その他
-----
更新履歴
2016/10/01 記載
2017/01/06 由来3記載
GoogleMapで場所を表示