虫の知らせ

#025 / 上ノ国の竜灯

太平山や夷王山から不思議な竜灯が上がり、満潮の夜は大澗岬の大人の穴から太平山の洞穴に通じる道を通る

住所
檜山郡上ノ国町 大澗ノ崎
緯度、経度
41.809879, 140.095109
※あくまで目安であり正確な情報ではない場合がありますのでご注意ください
由来

[竜灯]

竜灯といって不思議な灯が上る話も多い。上ノ国の太平山の山祇神のところに竜灯が通う話があり、不思議な灯が夷王山に登った人が竜灯の上るのに会い、シャンシャンとお神輿の渡るような音が次第に高くなり、厳かな気配に圧されて頭を上げることができず、そのまに竜灯は八幡野のあたりをユラユラとゆれ動いていったという。また暁に海辺へ向かう竜灯は飛ぶように早かったという。竜神は満潮の夜は大澗岬の大人の穴から太平山の洞穴に通じる道を潮にのって通ったというが、昔一人のアイヌが、ほんとうにその穴が通じているか試すため、穴に犬を追い込み自分だけ逃げ帰ろうとしたところ、大蛇に会って気絶したそうだ。

須藤隆仙「北海道の伝記」1971 山音文学会
由来2

医王山の峰にのぼると、ささやかな鳥居があった。小さい祠のなかにあるひさごがたの石の面に、三つの像がある。その中央は薬師仏、左に十一面の観音菩薩、右には、ほこつるぎが持たれた地蔵尊をひとつの石に刻んで、この三体の仏の間に「医王山頭陀寺永禄七年(一五六四)三月」とだけの文字が消え残っていた。むかしの寺の跡であることが知られ、花見が館の栄えた昔をしのんだ。

ここを離れていくと、赤土の崖の見えるところがある。六月のころ、日照りがつづいて田畑の作物が枯れ、あるいは川の水の流れが乏しくなって、仙北を伐り流しおろすことができないときには、この赤土を少しとって壺におさめ、降雨をこの山に祈ると、まさしく降ってくるという。またこうして雨乞いのおかげでふりすぎて、こんどは晴れるのを願うときには、別の山のきよらかな土を、その赤土にまぜて、これに鹿の片角をそえてささげ奉る。この赤土をたいそう神が惜しまれるそうだなどと、この案内の賢い子供が語った。この道は原口にわけくだると教えられて、こんどは東側の道をたいへん速く、あの寺の軒端をさしてくだった。

菅江 真澄 / 内田武志・宮本常一訳「菅江真澄遊覧記(2)[全五巻]」1966 平凡社
由来3
北海道庁編「北海道の口碑伝説」1940 日本教育出版社
参考資料・情報など
北海道の伝記
須藤隆仙「北海道の伝記」1971 山音文学会
菅江真澄遊覧記(2)[全五巻]
菅江 真澄 / 内田武志・宮本常一訳「菅江真澄遊覧記(2)[全五巻]」1966 平凡社
北海道の口碑伝説
北海道庁編「北海道の口碑伝説」1940 日本教育出版社
現地確認状況
未確認
その他
-----
更新履歴
2016/10/01 記載
GoogleMapで場所を表示