虫の知らせ

#008 / 神恵内 当丸沼と竜神岬

当丸沼に棲んでいた大蛇の話

住所
古宇郡 神恵内村 当丸沼
緯度、経度
43.197142, 140.532594
※あくまで目安であり正確な情報ではない場合がありますのでご注意ください
由来

「トマール沼の竜神」

若者に救われて天へ昇 神恵内

神恵内村と古平町との境界線近くに満面、水をたたえた静かな沼が見える。トーマル沼、現在は当丸沼という。ここに龍神の願いを聞いてやった若者の物語が伝えられている。「神恵内地理読本」と地元の古老の話を合わせるとこうだ。

その昔、若いきこりが近くの村に住んでいた。ある夜、若者の夢枕に美しい女が現れ、目に涙をためて、

「私は沼の精です。私がもし海に出たら、天に昇って天をかけのぼる竜にもなれるのに、残念なことに沼の落とし口に大きなカツラの木があって私が下るのをさえぎっています。どうかあの大木を切ってください」

と言った。

若者はそれ以来、夢とも幻ともつかぬ不思議な女性の言葉が気になって仕事も手につかず、ついに病気になってしまった。

数日たって若者は決意を固めると、夜、床を抜け出し、斧をかついで山に入った。涙ながらに訴えたあの女性の願いを何としても遂げさせてやりたいと思ったのだった。

沼の落とし口へ行き、かつらの大木に近づくと力いっぱい斧を振るい、やっとの思いで伐り倒した。何か夢を見ているような気持だった。

ドーッ、と大木が倒れたその瞬間、雷光が走り、雷鳴がとどろいて物凄い雨になり、川はたちまち氾濫した。その中を見るも恐ろしい大蛇が口から火を吐いて矢のような速さで下っていった。

若者はその姿に、われを忘れて立ちすくんでいた。

村人たちは突然の大水に驚き、家を飛び出したが、どうすることもできなかった。建物までが濁流にのまれてあっという間に流された。人々は流されまいと逃げまどうのが精いっぱいだった。

山手へ逃れた一人が、天を仰ぎ見て、青白く光る尾を引いて天に駆けのぼって行く竜を見て気を失い、倒れた。

竜神の噂はぱっと広がり、人々は大カツラの伐ったのはだれだ、と詮索したが、ついにわからなかった。そのうち若者の姿が忽然と消えた。

人々はそれを知って、

「天の竜神が、若者を召し上げたに違いない」

とおそるおそる語り合った。

そのことがあってから、トーマル川が大水であふれたことは一度もない。そしてこの恐ろしい噂もいつしか忘れられてしまった。

当丸沼が神恵内村市外からざっと十二キロ。当丸山(標高八〇〇メートル)近くに望まれる当丸沼は木々の緑を映して、不気味に静まり返っている。

合田一道「北海道おどろおどろ物語」1995 幻洋社
由来2

竜神岬

神恵内集落の南、トラセ地区突出した岬。古宇の入江を形成し、古宇川河口域となっている。かつては弁天崎と称され、「罕有日記」(※かんゆうにっき)に「兜崎より二里斗り、弁天崎を廻り、崎は細き平態にて祠堂あり」と記される(安政四年五月二九日条)。明治九年(一八七六)ニシン漁場を経営する田中福松が青森県小湊(現同県平内町)の八大竜王神宮より分霊を勧請、翌年当岬の社殿を建立して祀り、古宇海岸の守護神としたことから竜神崎と称されるようになったという。神恵内港に近く、漁船の進路目標でもあったことから、漁業関係者の信仰を集め、竜神講が結成され、毎年一月八日に定例祭が執行される。

平凡社「日本歴史地名大系第一巻 北海道の地名」2003 平凡社
参考資料・情報など
北海道おどろおどろ物語
合田一道「北海道おどろおどろ物語」1995 幻洋社
日本歴史地名大系第一巻 北海道の地名
平凡社「日本歴史地名大系第一巻 北海道の地名」2003 平凡社
現地確認状況
未確認
その他
-----
更新履歴
2016/10/17 更新
GoogleMapで場所を表示