虫の知らせ

#005 / 盤渓山妙福寺の法竜水

竜神さまから啓示を受けた場所から沸き出た法竜水

住所
札幌市 中央区盤渓455
緯度、経度
43.014405, 141.276068
※あくまで目安であり正確な情報ではない場合がありますのでご注意ください
由来

「竜神がくれた長生き水」

赤い水と白い水 札幌

開拓期の不思議な話が数多く伝えられているが、これは龍神がくれた赤と白の長生き水の話である。「さっぽろむかしあっとさ」からかいつまんで記すと。

明治中ごろ(1980年代)、札幌から離れた盤渓の山奥に妙福寺という小さな尼寺があり、日精という尼がくらしていた。日精は年老いたうえ病気にかかっていたので、神仏にすがろうと厳しい行を続けていた。

日精から白石・願本寺を引き継いだ常隆という弟子の尼は、おつとめを済ませると暗い夜道を幌見峠を越えて盤渓の寺へおもむき、師のため一週間の断食を始めた。食べものを断って経を詠み、翌朝、白石へ戻り、夜になるとまた盤渓へ、という日課だった。

断食最後の日、常隆は寺へ戻る途中、道路の真ん中にヘビの子がうごめいているのを見て驚きにうち震えた。その夜、夢枕に白い髪の老人が現れて言った。

「私は竜神だが、きょうは私の一族の者に会わせたいのだ。心配するでないぞ」

常隆はまた盤渓へ出かけたが、もうすぐ着くという時、急に眠くなり、その場に眠りこけてしまった。すると近くの笹やぶから大きな白いヘビが現れ、

「私は盤渓に棲む竜神だが、この山奥に寺を建てて万物のため法華経をとなえよ」

と述べた。その声が前夜の夢の老人と同じ、と思った瞬間、はっと夢から覚めた。

それからほどなく常隆はまた竜神から不思議なお告げを聞いた。

「山奥に万病にきく白い水と赤い水が沸き出る場所を教えよう。三月二十八日午後一時から二時の間に天が示す一点を記憶してその地点に鍬を打ち込めば水が沸いてこよう」

常隆は日精にこれまでのことを話し、当日、本堂で竜神のお告げを待った。

突然、物凄い地鳴りが起こり、大風が吹き荒れ、いなづまが鋭く光って砂を撒くようなざーっという音がした。その瞬間、まっ暗闇になった。

夜が明けて二人は何か目印がないかと探したが、ついに見つからなかったので、鋭い光が刺したあたりに立ちどまり、静かに題目をとなえながら一鍬、ばしっと打ち込んだ。

すると急に黒い土が盛り上がり、水が沸き出てきた。二人は感激し、手を取って喜び合った。日精はこの水を「法竜水」と名付けた。

その後、ここに湯殿を造ろうともう一ヵ所掘ったところ、こんどは赤褐色の水が出てきた。そこでこれを「妙竜水」と名付けた。竜神のお告げ通りに白い水と赤い水だった。

法竜水は夏でも冷たく、この水を飲むと胃の具合がよくなり、目の悪い人はこの水で洗うとよくなるといわれ、札幌はもとより遠くからやってきて水を一升瓶に詰めて持ち帰る人が目立ちだした。

妙竜水の湯は皮膚病にも神経痛にもよく効くと評判になり、湯につかりにくる人々が増え、だれ言うとなく「盤渓長生き水」と呼ばれるようになった。

妙竜水の湯殿は崖崩れに遭い、いまはないが、法竜水は現在も堂の中の井戸でこんこんと沸き続けている。

合田一道「北海道おどろおどろ物語」1995 幻洋社
参考資料・情報など
北海道おどろおどろ物語
合田一道「北海道おどろおどろ物語」1995 幻洋社
現地確認状況
未確認
その他
-----
更新履歴
2016/10/01 記載
GoogleMapで場所を表示